核酸医薬の開発

ボナックでは、独自のユニークな核酸技術を用いて、肺や眼などの難治性疾患に対する治療薬や治療に応用可能な技術の開発を行っています。

難治性疾患である特発性肺線維症や加齢黄斑変性症等に着目し、核酸を患部に直接投与することにより、治療効果を向上するための研究開発を目指しております。核酸の特徴を生かし、これまでにない医薬品の創出や従来の医薬品の改良に向けた取り組みを行っております。

ページ上部へ