お知らせ

COVID-19関連情報 2020年08月25日

新型コロナウイルス感染症治療薬の研究開発について進捗状況の報告

福岡県保健環境研究所と共同で進めて参りました新型コロナウイルス感染症治療薬の研究開発につきまして進捗状況をご報告させていただきます。

 

共同研究開始以後、候補となる核酸医薬を設計・合成し、細胞を用いた試験で検証した結果、新型コロナウイルスの増殖を顕著に抑制する効果が確認されました。今後速やかに非臨床試験を進め、来年度中には臨床試験を開始する予定です。

 

また新型コロナウイルスへの有効性が確認できたことから、同じくコロナウイルスによる感染症であり、現在も治療薬が無いMERS(中東呼吸器症候群)やSARS(重症急性呼吸器症候群)に対しても治療薬の開発に着手いたします。

 

弊社の核酸化学技術が創薬に繋げる架け橋となるよう、これからも研究開発を推進致します。

 

※詳細につきましては、以下の資料をご覧ください。

新型コロナウイルス感染症治療薬の研究開発について 進捗状況の報告

Interim Progress in the Development of Treatment for COVID-19

一覧へ戻る

  • 新型コロナウイルス感染症治療薬の研究開発について進捗状況の報告

ページ上部へ