お知らせ

COVID-19関連情報 2020年05月18日

新型コロナウイルス感染症治療薬の開発に関する福岡県との共同研究の開始について

本日5月18日(月)13:30より福岡県庁にて福岡県と新型コロナウイルス感染症治療薬の共同研究の開始について発表いたしました。

記者会見では、小川福岡県知事より以下のとおりコメントをいただきました。

 

「ボナックは医薬品分野で有望といわれる核酸医薬のコア技術を持っている福岡県のベンチャー企業であり、難病やウイルス性疾患の治療薬開発に取り組んでいる。

福岡県保健環境研究所では、新型コロナウイルスについて日々PCR検査行っており、また、ウイルスや感染症に対する知識を持っている。

今後、福岡県、福岡県保健環境研究所とボナックの強みをそれぞれ活かして、共同で新型コロナウイルスの治療薬開発に向けて取り組んでいくことになるが、本日がそのスタートの日となる。

私共の共同研究が成功裏に進み、新しい治療薬が開発されれば日本のみならず、世界の人類に貢献することになると考えている。

今後、我々人類がワクチン、治療薬等のいかに多くの選択肢を持つかが肝要となる中で、今回の共同研究の成果がその一翼を担うことを心から願っている。」

 

弊社の核酸化学技術が創薬に繋がる架け橋となるよう、これからも研究開発を推進致します。

調印の様子

会見後の様子

新型コロナウイルス感染症治療薬の開発に関する福岡県との共同研究の開始について

Bonac to Initiate Joint Research with Fukuoka Prefecture on the Development of Treatment for COVID-19

一覧へ戻る

  • 新型コロナウイルス感染症治療薬の開発に関する福岡県との共同研究の開始について

ページ上部へ