新着情報

Pickup

BONAC = Bridge Of Nucleic Acids Chemistry

株式会社ボナックは、核酸化学を通じ医薬品の創出や診断薬の開発など、世界の核酸医療の展開に対し、様々なソリューションを提供していく架け橋を目指します。

会社が一丸となり、より優れた品質と価値をもつ医薬と医療の提供を目指し、核酸医薬の創出を通じて世界の人々の健康と医療の未来に貢献します。

この目標の実現に向けて、役社員が共に力を合わせ、日々努力を積み重ねることが企業価値を向上させると考えており、当社で働く役社員全員が重要な資産のひとつであるという認識に基づいた経営を推進します。

※【ご案内】弊社では、一般に株式の売却・譲渡は一切行っておりません。 核酸医薬とは ボナック核酸とは 関連リンク
林化成株式会社

核酸医薬とは

核酸(※)医薬品は、低分子や抗体の医薬品では狙えないmRNAやmiRNA 等の分子を創薬ターゲットとすることが可能であり、次世代の医薬品として高い期待が寄せられています。一方、核酸医薬品の開発においては、①核酸分子の生体内での不安定性、②副作用の懸念、③薬物送達技術(DDS)の困難性等の克服すべき課題もあります。
また、核酸医薬分野では、核酸干渉(※)に関する基本特許を欧米企業が独占していることから、日本企業の開発は遅れを取っているのが現状です。
(※)核酸:DNA、RNA, 核酸干渉:二本鎖短鎖RNA(siRNA)と相補的な塩基配列を持つmRNAが分解される現象

ボナック核酸とは

ボナックは、核酸医薬開発に関する課題を克服するため、新たな視点で独自の研究を進め、その結果、新規核酸分子「ボナック核酸」を見出し、世界初の強固な基盤技術群を確立しました。また、これらの基盤技術は、独創的な基本特許として世界各国へ出願し、既に日米欧で特許登録を得ています。
ボナック核酸の特徴は、従来のsiRNAとは異なり、ユニークな分子内構造を有する一本鎖長鎖核酸分子であることです。この構造により、生体内での安定性が向上すると共に、Toll様受容体3(TLR3)を介した自然免疫応答も回避できました。このように、従来のsiRNAが抱える課題を克服したボナック核酸は、新しい核酸医薬品となることが期待できます。
ボナックでは、このボナック核酸に加え、独自の核酸原料、DDS技術(ドラッグデリバリーシステム技術:投与経路適応技術、要素技術、製剤化技術)の開発を推進することにより、日本及び世界での核酸医薬・医療の発展を目指しています。

Go to TOP